児童養護施設成光学園ホームページを一新
フェイスブックで情報発信も

タウンニュース座間版 2016年1月22日

緑ケ丘の児童養護施設「成光学園」(矢部雅文園長)がこのほど、ホームページをリニューアルした。12月にはSNS「Facebook」の専用ページも立ち上げており、同学園ではネットを通じて「学園の今」を情報発信していく。
児童養護施設は様々な事情で保護者を失った子どもにとって、家庭に代わる場所。同学園には3歳から18歳まで67人が暮らし、近隣の学校に通っている。近年は、児童福祉施設対抗の駅伝や野球大会で県1位になるなど、子どもたちは市外でも活躍を見せている。
リニューアルされたホームページのデザインは、学園カラーの緑色や水色が基調。元気に暮らす子どもたちの姿を反映し、明るい仕上がりになっている。施設概要・寄付方法・求人案内などを網羅しているほか、スマートフォン版では、クリックのみで児童相談所へ電話をかけられる仕組みを導入している。フェイスブックでは、スポーツ大会の結果など速報性のある情報を発信していく予定。

成光学園HP

http://seikou-gakuen.sakura.ne.jp/