imedi(アイメディ) 2016年1月22日

平成28年度の「児童福祉週間」の象徴となる標語が選出されました。今年度は全国から4,751作品の応募がありました。
有識者などで構成した標語選定委員会で選考した結果、増戸さんの作品”その笑顔 未来を照らす 道しるべ”が最優秀作品に選ばれました。

毎年、こどもの日からの1週間は「児童福祉週間」
厚生労働省では、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間、「児童福祉週間」としています。
子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的としており、この期間中は、児童福祉の理念を普及・啓発するため、厚生労働省や全国の自治体などがさまざまな事業や行事を行っています。
今回選定された標語は、児童福祉週間の象徴として広報・啓発ポスターをはじめ、全国各地で実施される事業や行事などで幅広く活用されるようです。

過去に開催されたイベントでは
愛知県児童総合センターでは、子どもたちが笑顔で暮らせるように子どもや家庭についてみんなで考える児童福祉週間ということで、親子、家族を対象に「家族のうれしい顔」を募集しました。集められた写真は、秋に写真展が行われ展示されたそうです。
毎年、子どもの日に家族写真を撮って残していくと、成長の過程が分かり、家族の絆も深まるのではないでしょうか。

平成28年度「児童福祉週間」の標語 入選8作品

小さいが 世界をつなぐ ぼくらの手
(植田千裕さん 14歳 滋賀県)

大丈夫 大切な人 そばにいる
(内田 大輝さん 14歳 千葉県)

はじけそう ちっちゃな体に おっきな希望
(大山藍さん 16 歳 茨城県)

大丈夫 ひとりじゃないよ みんないる
(柏原真珠 さん 10 歳 滋賀県)

だれだって なりたい自分に なれるんだ
(岸本栞奈 さん 5歳 香川県)

未来への トビラはいつも そこにある
(小嶺春心さん 9歳 長崎県)

君の夢 君しか出来ない ことがある
(鈴木大雅さん 12 歳 福島県)

君の夢 かなえるために 明日(あす)はある
(山内瑠莉さん 11 歳 愛知県)