> 自動車事故対応の流れ

*事故の状況に寄って臨機応変対応して下さい。
①同乗者(子ども等)の状況確認
②必要であれば、119 にて救急車要請
③相手の状況確認
④必要であれば、119 にて救急車要請
⑤警察への通報
⑥施設長へ報告、指示を伺う
*同乗している子どもたちの引き取り等(必ず、職員が引き取りに向かう)
⑦施設長の指示で、職員が現場に向かい補助する。
⑧保険会社への連絡(補助職員が行う。)
まず、
自動車保険取扱代理店
店名 電話番号 担当者名
に連絡し、事故現場に来てくれるよう要請する。
業務時間外の場合等、繋がらなかった場合は、
保険会社名 電話番号
に連絡する。
⑨同乗者(子ども等)の通院(整形外科)
*交通事故である旨を伝え、診断書を発行して貰う。
⑩警察による現場検証に協力する。
⑪運転者の通院(整形外科)、子どもたちの通院先と同じが良い。
*交通事故である旨を伝え、診断書を発行して貰う。
⑫子どもの担当児相への電話報告。施設長は、所管課への電話報告
⑬事故報告書(ファイル管理→処遇→事故報告書)の作成。
*所管課および児相へ提出
⑭交通事故証明書申請用紙を最寄りの警察署や交番に取りに行く。
払込取扱票に必要事項を書き込み、払い込む。
*大体、2 週間程度で事故証明書が届きます。
必要事項とは、
事故種別:人身か物損か
発生日
取扱警察署
発生場所
当事者の氏名・相手側の氏名
等が、必要ですので、事故現場で、その情報を得て置いて下さい。
■必ず、相手方に聞いておくこと
氏名と連絡先(電話番号)
■こちらが明らかに被害者である場合は、
必ず、相手の免許証を提示させ、内容をメモして下さい。